40代からでも痩せられる!教えます簡単にできる3つの方法

足痩せ40代になると加齢の影響もあって痩せにくい時期に入ります。そうかといっても、40代女性だって、元気にスリムなプロポーションをキープしたいものですよね!諦めることはありません。痩せやすい体質に変えることだってできるのです。

40代で意識したい代謝のノウハウについて役立つポイントをお伝えします!

40代が痩せにくいのはなぜ?

30代~40代になると、学生時代より運動量がぐっと減ってしまい、そのまま運動とは無縁になってしまう人が多いです、当然に年々基礎代謝が落ちます。また加齢による筋肉の衰えにより、筋肉の低下が起こり、エネルギーを燃焼しにくくなります。

40代 下半身やせ

基礎代謝とは、人間が生命活動を維持するために使う消費エネルギーのことで、成長期後の一般男性では一日あたり1,500キロカロリーほど、女性なら1,200キロカロリーほどです。厚生労働省のデータによると10代と比べて40代女性は200キロカロリー前後低くなります。

つまり痩せにくくなるのは、消費エネルギーが減っているのに対し、その分食べていることが原因になっているのです。

痩せやすい体質になるためには

運動 基礎代謝

痩せやすい体質になるには、基礎代謝を上げることがよいのですが、なかなか簡単には上がりません。しかし、毎日の努力でゆっくりと上がりますので諦めずに続けていきたいものです。1日5分以上の運動から続けるようにしましょう。無理のない程度で5分の運動を1日2回にしていき、をすることや食生活の改善が重要で、続けているうちに、いつのまにか血行改善ができるようになります。

【運動】で痩せやすくなる

ウォーキングなどの有酸素運動は、心肺機能を高めるのにも効果的です。歩き方や姿勢も意識をして体幹を伸ばすようにすれば、筋力アップや痩せやすい体質になりやすくなります。

フラフープ 有酸素運動

また、家事でも、意識すれば筋肉が鍛えられる運動になります。例えば、雑巾がけはモップでやる人が多いかもしれませんが、四つん這いで腰を入れて首を上にあげる姿勢になるので、頭の重心が背骨に正しく乗せることになり、上向き姿勢になります。またしゃがむ動作が多く、足腰が鍛えられ下半身の血行促進に良いというメリットが多い体制です。

掃除機がけは背中や太ももの大きな筋肉を使うため、カロリーを消費し基礎代謝を上げることができます。同じく、洗濯物干しも、掃除機がけと同様、背中や太ももの大きな筋肉を使います。

食生活の見直しのポイント

どのような食生活をすればよいか、ですが、食材にこだわる必要は全くありません。

和食 玄米クリーム

胃にもたれない優しい食事中心で考えれば自然に食べやすいものを選べば十分ですが、食べ方にも気を配る必要があります。

食生活の見直し

  • 極端な食事制限はせず、腹6-8分を目指す。
  • ビタミンやミネラル、食物繊維をたっぷりいただく。
  • 糖分や脂肪を摂りすぎないこと
  • 夕食は寝る3時間前には終わらせる
  • 空腹時間を長くとる
  • 動物性タンパク質よりも植物性たんぱく質をとるようにする
  • よく噛んで食べる

肉や魚よりも大豆や野菜や海藻などを中心にとるといいでしょう。また、おなかいっぱい食べるのではなく、腹6分~8分目を目指してとどめるべきです。

夜食もなるべく早い時間に済ませ、その後は間食をせずに就寝して、翌日の朝ごはんを抜けば、お昼までに15時間も空腹時間が作れます。このような飢餓時間を設けることで脂肪が燃えやすくなり痩せやすい体質に近づいていきます。

血行を良くする

運動をしたり、体をこまめに動かすだけでも血行促進につながりますが、食事で、血行改善によい方法を紹介します。

食べ物で血行改善する方法

  • ショウガや、葱、にんにく、唐辛子などの香味野菜を摂取する
  • たんぱく質、ビタミンB群が豊富な豚肉豆類を摂取する
  • コーヒー・緑茶・ウーロン茶を摂取する

食べ物以外では、半身浴や水シャワーなどもおすすめです。

筋トレ ジム

痩せるためには「基礎代謝を上げる」ことが大事で、筋肉量を増やしたり、血行を改善し、基礎体温を上げることでしたが、消費するカロリーが摂取するカロリーを上回っていることが理想です。

基礎代謝は一日に使われる総エネルギーの70%近くになるとも言われるので、上げることはとても大切なのです。地道な努力で40代過ぎても少しずつ改善できるので早い時期から始めたほうがいいでしょう。

エステのマッサージも血行促進につながります。老化防止のために60代の人でもハンドマッサージ受ける人も結構いるということです^^
キャビテーションで血行促進