足のむくみの原因と改善

1日中デスクで座り仕事の多い方は夕方になると足がむくんでいたりしませんか?

これは血行が悪くなって詰まっているのが原因です。放っておくと、下半身の冷えが増して足が太くなる原因になりかねません。

寝るときに足を高く上げてみたりや、常日頃のハンドマッサージをするなどして下半身の血行を良くする工夫が必要です。

また、軽い運動をしたり、しっかりと温浴も良いです。また、日中はストッキングをはいて冷えないようにするなどでもずいぶん改善できます。

冷えると血流が悪くなり、余分な水分や老廃物が下に蓄積していくので、さらに詰まりを悪化させて、どんどん血流悪くなり悪循環になるのです。お風呂の中や入浴後のマッサージをするだけでもずいぶん違います。

足がむくむ病気

足が太くなる病気 足痩せ効果大のマッサージ

足が太くなる病気

代表的なのが「リンパ浮腫」です。リンパ管の流れが悪くなるという症状です。

リンパ管のはたらきとは

体の中には、動脈と静脈のほかにリンパ管という管(くだ)があり、リンパ管は、全身の皮膚のすぐ下に網目状に張り巡らされていてこのリンパ管の中にリンパ液が流れている。

リンパ液は、タンパクや白血球などを運びます。

リンパ浮腫はこんな病気

リンパ管にある内容物がリンパ管の外にしみ出して、むくみが現れるのです。とくに重要なのが蛋白質で、蛋白質がリンパ管からもれて組織内に蓄積されると、組織細胞が変わり線維化が起こります。そしてその部分がだんだんと硬くなってしまいます。

リンパ浮腫の症状

特に夕方から症状が出るのが多く、足やかかと、手の甲のはれがあり、だるさ、疲れやすさなどを感じたりします。

痛みや色の変化はなく、翌朝になるとはれは消えます(可逆性リンパ浮腫)。

症状が進むとむくみが消えたあとに、皮膚が線維化して硬くなってきます(非可逆性リンパ浮腫)。

リンパ浮腫の原因

原因がはっきりしない場合と、子宮がんや乳がんなどの術後に多くみられるリンパ管の圧迫や狭窄などが原因で起こる場合です。ほとんどが後者の場合が多く、原因不明で起こるリンパ浮腫はあまりない。

放射線治療でリンパ管が損傷を受けたりしたことの原因とします。

リンパ浮腫の治療

浮腫がみられたら内科の受診が必要です!早くいきましょう。

ガンを患ったことがないのに、リンパ浮腫と診断されることはほとんどないので病気の心配は少ないはずですが、リンパ液の流れはとても大事です!

リンパ管に老廃物などがたまらないようにケアを続けることは、足やせや腕やせなどにも大きく影響します。

特に女性は下半身に皮下脂肪が多くつきやすいので自然と股関節まわりのリンパにつまりがある人が多いです。

詰まりがあると、そこから更にむくみになりやすいので毎日のケアと定期的にプロにマッサージしてもらうのが効果的です!

堅くなったセルライトをしっかりもみほぐし柔らかくするとその後運動すれば、サイズがキレイに落ちます!効果的な足やせダイエットにはマッサージが必須ですね。

足痩せ効果大のマッサージ

片足だけが太くなる病気

私も以前見かけたことがあるのですが、片足だけが通常の何倍もの太さになっている病気の人がいます。とても歩きにくそうで大変そうです。

これはリンパ液が下肢に貯留するという症状で、「象皮病」と呼ばれています。

ずいぶん前ですが、バンクロフト糸状虫やマレー糸状虫などにより、よく起こるというものでした。つまり、「蚊から感染する熱帯地域の風土病」として知られています。

また、ほかの原因として考えられるのが、慢性再発性丹毒や再発性血栓性静脈炎、蜂など、リンパ節の切除後や、腫瘍などによるリンパ管の圧迫です。

これらのように原因がはっきりしている場合は、必ず内科などで相談するのをオススメします。いずれにしてもリンパ管の圧迫やリンパ節が詰まっていると足が太くなる大きな原因というのがよくわかりますね。

上半身から下半身へとリンパ液が常に循環できるように日頃からケアしておくのが必要ですね。足がむくむと、足の冷えがひどくなり、更に血流が悪くなり、腰痛や体の不調へとつながることがありますので、できる範囲でリンパの流れを良くしていたいものです。

足がむくむ病気

足のむくみの改善 足痩せ効果大のマッサージ