痩せやすい食べ物!血液型別でも違う

血液型別の痩せやすい&太りやすい食べ物

血液型はO、A、B、ABの4種類がありますよね。元祖はO型で、紀元前5万年ごろはO型しかなかったそうです。

その後A、Bの順に誕生して、最後にAB型が登場したのです。この血液型が誕生した順番で当時の食生活が大きく影響しています。

    血液型別生活様式

  • O型:狩猟民タイプ
  • A型:農耕民タイプ
  • B型:遊牧民タイプ
  • AB型:ニュータイプ

AB型は誕生してからまだ1000年と日が浅いので、まだデータが少なくタイプが特定できないのですが、どちらかというと型にはまらない傾向です。

そのほかの血液型別にやせやすい食べ物と太りやすい食べ物が、以下。

 O型:狩猟民タイプなので肉食系

     痩せやすい食べ物:肉(赤身)、レバー、魚介、ほうれん草

     太りやすい食べ物:小麦グルテン(めん類)、カリフラワー、キャベツ

 A型:農耕民タイプなのでベジタリアン

     痩せやすい食べ物:大豆製品、野菜(全般)、植物性油

     太りやすい食べ物:肉(全般)、乳製品、小麦

 B型:遊牧民タイプなので肉・野菜どちらOK

     痩せやすい食べ物:肉(全般)、卵、乳製品(低脂肪)、レバー、青菜

     太りやすい食べ物:とうもろこし、ピーナッツ、小麦、そば

 AB型:ニュータイプなので分類なし

     痩せやすい食べ物:豆腐、魚介類、乳製品、青菜

     太りやすい食べ物:肉(赤身)、とうもろこし、小麦、そば

血液型1つにしてもこんなに違うなんてびっくりですね。でも実際は運動量や生活リズム、ストレスなどの心理状態なども、体の代謝に関係が深いので食べ物だけでは成立しないですね。

栄養バランスや摂取カロリーも考慮して、楽しく食事をするのを心がけるのがいいですよ。