内臓の冷えを放置すると太りやすくなるって本当?

体の内側が冷えているといろいろな不調が出てしまう事はよく知られています。では具体的にどんなマイナスの影響があるでしょうか?冷えの問題と改善法について気になるポイントを取り上げます。

毎日入浴しているのに内臓が冷えている?

ダイエット
体を手っ取り早く温めるのに入浴をするのは効果がありますが、でも毎日しっかり入浴していても、体の奥の内臓は冷えていることがあります。入浴はたしかに体がぽかぽかして気持ちいいですが、実のところそれは一時的な効果であることが少なくありません。

寒い時は多くの人が暑いお風呂に入りたがりますが、それだとたいした時間入浴できず、カラスの行水のようになってしまいます。その場合は血液が体内をしっかり循環しないうちに風呂からあがることになるので、体がしっかり温まらないのです。ですから表面がぽかぽかしてても実は内側は冷たいままということがあります。

加齢で冷えが進むのって本当?

ダイエット
女性は男性と比べると体が冷えやすい傾向にあります。男性よりも筋力が少ないので、血液循環のためのポンプとして働く筋肉がちゃんと熱を全身にめぐらせないのです。冷え症の中には、手足は問題ないけど内臓が冷えているタイプのものもありますが(内臓型冷え症)、筋力不足や運動不足がこの原因の一つとなっています。

また40代や50代など加齢とともに女性ホルモンのエストロゲンが一気に減少すると、ホルモンバランスとともに自律神経のバランスも乱れてきます。自律神経は体温調節をコントロールする働きがあります。ですからここが崩れると冷え症につながってしまうのです。

冷えが進むと体はどうなる?

体の冷えが進行すると、血のめぐりが悪くなります。よく知られているように血液は体に酸素や栄養分を運ぶ大切な役割がありますが、血液不順になると細胞がそれらのものをちゃんと受け取れません。

ダイエット
さらに細胞からCO2やその他の老廃物を回収できなくなります。そうすると臓や免疫系の働きが鈍くなるので病気になりやすくなります。

冷えから起こりやすくなる体調不良とは?

ダイエット冷えから来る体調不良の典型的な例としては、腸が悪くなる事、例えば下痢や便秘の症状です。また肩こりと腰痛なども起こります。さらに肌の色合いが悪くなったり(青紫っぽくなる)、シミやくすみ、肌荒れなどのトラブルもあります。

さらに冷え症で体の体温が低下していると代謝がよくありません。体温が1℃低いと基礎代謝が10数%低下するという現象が起きます。基礎代謝が低いということは、摂取したエネルギーをたくさん消費できないということです。

基礎代謝は消費エネルギーの70%ほどをつかさどっていると言われているので当然です。そうなると肥満の問題が出てきてしまいます。冷えと基礎体温、基礎代謝、そして肥満は密接に関連しているのです。

おすすめの冷えの改善法

ダイエット
熱いお風呂の変わりに体温より2度くらい高い38度ほどの温度で入浴するのは良い方法です。それだと長くつかれるので、血液循環も何回も中で行われ、十分に温めやすくなります。

さらに筋力量をアップさせることも大事です。筋力をつければ熱の産生がもっとスムーズにいくので血の巡りがよくなるのです。ですから日常生活で定期的に運動することを習慣づけましょう。