40代から思うように痩せないのは代謝が悪い?

40代以降から、特にちょっとの運動や食事制限ではなかなか体重が落ちなくなってきますが、ほとんどの女性がそう感じています。筋肉が年々落ちてしまって基礎代謝が低くなっているからが大きな原因です。

代謝を上げて体質改善できる!痩せやすくなるには?

一般的には、1日に女性の基礎代謝は1,200キロカロリーくらいです。生きているだけでこのくらいのカロリーが必要なので、基礎代謝よりも多く摂取すれば体重は増えるし、それより少なければ痩せていくという原理です。

ダイエット

しかし、きちんと計ってみると基礎代謝が1000キロカロリーを割っている人もいます。そんな人がちょっと食事制限をしたところでは、なかなか体重が落ちることはありません。

逆に基礎代謝が高い人は、少し運動しただけで体重も落ちやすいので、まずは基礎代謝をあげていく努力をするのが先決です。

基礎代謝をあげる効果的な方法は?

「筋肉量を増やすこと」が一番効果的に基礎代謝をあげる方法です。筋肉量が増えると、エネルギーの消費が増えて効果的に余分な脂肪も燃えやすくなります。

ダイエット今まで、全くし運動をしていなかった人がいきなり激しいトレーニングなどを行うとダメージが大きいので、できれば自宅で簡単な運動から始めるのが良いでしょう。毎日5分ずつの運動を一日に何回か行い、続けていくだけで代謝もアップしますし、筋肉も増えていきます。

代謝が悪いと痩せにくいのはなぜ?

代謝が悪くなると当然痩せにくくなります。厚生労働省のデータによると10代と比べて40代女性は200キロカロリー前後低くなります。30代でも同じようなものです。

ダイエット「三十路になってから二の腕や太もものぜい肉が気になってきた」という場合はこの基礎代謝の低下が主要な原因である可能性があります。それぞれ生活習慣が違いますし、病気の影響もありますが、基礎代謝が低いことは痩せにくい共通の理由と言えます。

体の冷えが代謝を悪くする?

では基礎代謝を悪くする理由としては加齢のほかにどんな原因が考えられるでしょうか?大きな要因としては冷えがあります。冷え症に悩む女性は多いですが、身体が冷えていると基礎代謝は低い状態になります。体温が一度下がると基礎代謝は12%近く下がるという指摘もあります。

逆に体温が高い人は基礎代謝も高いです。とはいえサウナや入浴で一時的に体温をあげれば良いというわけではありません。基礎体温をあげることがポイントです。それによって一時的ではなく高い基礎代謝を長続きさせる事が出来ます。

体が冷えやすい原因と対策

身体が冷える原因の代表的な理由として、血行不良があげられます。血の巡りが悪いと身体全体に必要な酸素や栄養が届きません。また血管がふさがれやすくなったり、リンパ球が減少するなどして冷えへとつながります。

やはり血行改善が冷えの改善、そして基礎体温の上昇と基礎代謝の向上につながっていくのです。まずは簡単な運動やウォーキングなどから始めて体の筋力アップことで、基礎体温を上げていきましょう。

ダイエット
足や下半身には筋肉が集中していて、ここの筋力をアップすることで体温があがります。下半身に筋肉がつくタイミングで足上げやスクワットなども併せてヒップアップ運動をすると効果的に足やせもできます。

加齢によって筋肉は低下しますが、毎日鍛えていくうちに、筋力は復活できるので、是非、意識的にやってみるといいでしょう。買い物や通勤の際に車ではなく歩いていくというような工夫をして、やせやすい身体づくりを目指しましょう。